プロ野球解説者を解説する

広尾晃

野球中継が100倍楽しくなる!

定価
1,430円(本体1,300円+税10%)
ISBN
9784781611334
NDC分類
783
発売日
2014年3月5日
判型
B6判変  
製本
ページ数
279ページ
カテゴリー
趣味・実用

詳細Detail

  • 内容紹介
  • 目次
小西得郎から桑田真澄まで、歴代解説者の名言・名解説オンパレード!

「今の解説者は甘い!悪いプレーをしたら叱ってほしい!」
佐々木信也(「プロ野球ニュース」元メインキャスター)


「私は解説者に育てていただきました」
島村俊治(プロ野球実況アナウンサー)


広尾 晃(ひろお・こう)

1959年大阪市生まれ。立命館大学卒業。コピーライター、プランナー、ライターとして活動中。日米の野球記録を専門に取り上げるブログサイト「野球の記録で話したい」でライブドアブログ奨学金受賞。そのほか、プロ野球の名選手の記録を紹介する「クラシックSTATS鑑賞」などのサイトも運営。合わせて月間80万PVを集めている。J-SPORTSでプロ野球のコメンテイターも務めている。著書に『プロ野球なんでもランキング』がある。
はじめに

◉第1章 草創期のプロ野球解説者たち

「なんと申しましょうか、ご婦人にはこの痛みはわからないでしょうね」
小西得郎

「明海さん、今のプレー、どう思います?」
佐々木信也

「広瀬は何をしとるんでしょうね、あんなところを守って」
鶴岡一人

「淡口は親孝行だからヒットが打てるんです」
川上哲治

忘れ得ぬ「昔の解説者」たち
◆プロ野球解説者の歩み① 野球実況中継の始まり
◆コラム:こんな解説者はいらない① ミスター・リピーター
◆プロ野球解説者の言葉① 【おっつける】

◉第2章 「プロ野球ニュース」が変えた野球解説者

「ここでエンドランをやるバカはいないでしょう」
関根潤三

「俺だって、一千三振してるんだけどね」
豊田泰光

「『来た球を打った』という原の言葉を聞いて、まだまだだなと思いましたね」
野村克也

「(9回裏)この回で逆転しないともう後がないんじゃないですか」
長嶋茂雄

「(0行進が続く試合に)タコ焼きみたいやな」
福本 豊

「今のメジャーはレベルが低い。日本人選手が活躍するのは不思議でもなんでもない」
江本孟紀

「この配球から見ると、この投手の決め球はスライダーですね」
江川 卓

「バッティングというのは、壁をいかにつくるかなんです」
掛布雅之

昭和から平成にかけての解説者たち
◆プロ野球解説者の歩み②
 テレビの登場から「プロ野球ニュース」まで エンタテインメントとしての広がり
◆インタビュー:「今の解説者は甘い!」 佐々木信也
◆コラム:こんな解説者はいらない② 「私が主役」アナ
◆プロ野球解説者の言葉② 【バンド】

◉第3章 大リーグ放送が始まり、
野球解説の視野が広がり、深まった

「ロン・ギドリーは、『かわいい女の子を紹介してくれ』って言ってましたね」(伊東一雄)
ジャーナリスト出身の解説者たち

「野茂のノーヒットノーランのときは寒くてNG出しちゃいましたよ」(村上雅則)
選手出身の解説者たち

◆プロ野球解説者の歩み③ アメリカの背中を追いかけて
◆コラム:こんな解説者はいらない③ 不機嫌
◆プロ野球解説者の言葉③ 【腕が振れている】
◉第4章 新時代のプロ野球解説者たち

「僕はワンバウンドを捕りに行きますよ」
古田敦也

「体罰なんてしても選手は強くなりませんよ」
桑田真澄

「ゴールドグラブって、自分のグラブの型で作ってくれるんです」
矢野燿大

「(イチローは)使い続ければこういうことをする男」
小宮山悟

個性横溢! 「今」を語る解説者たち
◆プロ野球解説者の歩み④ 新しい時代を迎えつつあるプロ野球解説者
◆コラム:こんな解説者はいらない④ しんどい
◆プロ野球解説者の言葉④ 【流れ】

◉第5章 プロ野球解説者の「現場」

プロ野球中継の現場
◆インタビュー:「解説者になって、視界が開けました」 野村弘樹
大リーグ中継の現場
名コーチは名解説者
◆コラム:こんな解説者はいらない⑤ しゃべりまくる
◆プロ野球解説者の言葉⑤ 【気持ちで打ちましたね】

◉第6章 「私は解説者に育てていただきました」
[インタビュー] 島村俊治アナウンサーが考える「理想の解説者」とは?

参考文献
おわりに

オンライン書店で購入するPaper Books

イースト・プレスの紙の本は全国書店、オンライン書店でお求めいただけます。
※お近くの書店で在庫がない時は、全国の書店カウンターでお取り寄せいただけます。

新刊New Releases

next
prev