「日本経済ダメ論」のウソ

三橋貴明 著 / 上念司

これが、マスコミ・官僚がひた隠しにしている日本経済の「真実の姿」だ!

定価
1,047円(本体952円+税10%)
ISBN
9784781607023
JANコード
1920033009520
NDC分類
332
発売日
2011年10月27日
判型
B6判  
製本
ページ数
256ページ
カテゴリー
ビジネス・経済
シリーズ
知的発見!BOOKS

詳細Detail

  • 内容紹介
  • 目次
震災復興には増税が必要?「国の借金」は返さなければならない? 円高が続けば日本は崩壊する? 日銀の独立性を侵してはならない? 中国がなければ日本経済はもたない? このままでは日本はギリシャになる? 税金泥棒の公務員は減らすべき? 公共事業は「悪」である? …全部ウソ! 「ネットの神」と「勝間和代の最強ブレーン」がタッグを組んで、メディアに蔓延る日本経済に関するウソを完全論破し、日本経済復興への道筋を探る。
はじめに 「ダメ論」さえやめれば、日本は絶対に復興する

第一章 経済ニュースの「ウソ」を見破れ!
─マスコミ・官僚のウソ

野田内閣は何をしようとしているのか
なぜ、財務官僚は増税が好きなのか
財務省主導は「経理部が威張るダメ会社」と同じ
財政赤字を「国の借金」と呼ぶ理由
「日本国債格下げ」のバカバカしさ
日本のデフレ継続を笑う国
貿易収支は黒字でなくてもいい
なぜ、日銀官僚はデフレが好きなのか
なぜ、テレビコメンテーターはウソばかりつくのか
マスコミは「意図的」なのか、ただの「バカ」なのか
複式簿記すら知らない評論家たち
使ったお金は「消える」と考える人たち

第二章 これが、本当に正しい「経済の常識」だ!
─経済ニュースのウソ

なぜ、デフレは終わらないのか
なぜ、世代間格差はなくならないのか
デフレを克服する、いちばん簡単な方法
「円高でも円安でも日本は崩壊する」というトンデモ論
為替介入は「国の借金」を増やすだけ
財政出動と金融緩和は同時に進めるべき
日銀に「目的の独立性」は必要ない
なぜ、中川昭一・元財務大臣は死んだのか
小泉改革は本当にすべて「悪」だったのか
「実感なき経済成長」のカラクリ

第三章 ギリシャが破産しても、日本は破産しない!
─世界経済のウソ

アメリカの巨額赤字はどうなるのか
不況を輸出しようとするアメリカ
「債務上限引き上げ問題」の本質
「アメリカと中国、どちらと組むべきか」という愚問
ティーパーティーの主張はトンデモ経済学だ
国防のためにはGDPを増やせ
「中国なしに日本経済は成り立たない」のウソ
共通通貨・ユーロはどこへ向かっているのか
ユーロ圏内で勃発した「南北問題」
いまのヨーロッパは社会主義体制だ
変動相場制の国はみな破綻後2年で大復活している
いまの日本は戦時統制経済を引きずっている
なぜ、保守論壇は経済成長を否定するのか
ギリシャを破綻寸前にした「特有の事情」
金価格の高騰から何を読み取るか
いま、いちばん得している国、損している国はどこか

第四章 この政策で、日本は復興する!
─経済論壇のウソ

公務員制度はどうあるべきか
中央官庁は政治任用職を増やせ
「公務員削減論」は大間違い
「公共事業性悪論」から脱却せよ
子ども手当、ベーシックインカムはどうすべきか
いまこそ見直すべき麻生政権の経済政策
復興に必要なのは、財政出動によるビッグプッシュだ
GDP300兆円でいいのか、1000兆円を目指すのか
財務官僚も日銀も、経済を他人事だと思っている
なぜ、国民は増税に納得してしまうのか
いま増税しても、国家財政にも被災者にも国民にもプラスにならない
どうすれば若者や現役世代は報われるのか
日本を成長させるには、何に、どんな順序で取り組めばよいのか
経済成長で、ほとんどすべての問題が解決する
「団塊の世代」がつくった世論が覆されつつある
日本の民主主義は崩壊しつつあるのか
なぜ、日本からエリートは消えたのか
田中角栄が実行した「本当の政治主導」
「洗脳」を解くにはどうすればいいのか
「ネット攻撃」への対処法
反省し始めている評論家たち

おわりに マスコミの印象操作に騙されないために

オンライン書店で購入するPaper Books

イースト・プレスの紙の本は全国書店、オンライン書店でお求めいただけます。
※お近くの書店で在庫がない時は、全国の書店カウンターでお取り寄せいただけます。

新刊New Releases

next
prev