名作文学を徹底漫画化 まんがで読破 イースト・プレス

まんがで読破

政治学での検索結果

1-12/12件

日本国憲法

日本国憲法

立ち読み
YONDEMILL

現行の憲法典、日本国憲法。日本における人々の生活の基盤であり、国家規範とされている。その成立がGHQの占領時であったことや、第9条「戦争放棄」と自衛隊の存在など、さまざまな論争を呼ぶも、成立以来60年以上ものあいだ改正されていない。改憲の声が高まる昨今、国民に託された法のあり方を問うべく、日本国の近代史とともに検証を加えて漫画化。

国富論

国富論

アダム・スミス

立ち読み
YONDEMILL

「つまり、この社会で我々が豊かになるにはどれだけ他人の労働を支配・購入できるかで決まってくるということです。」

戦争論

戦争論

クラウゼヴィッツ

立ち読み
YONDEMILL

人々は平和を願っているのにも関わらず、歴史とともに絶えず繰り返されてきた戦争。プロイセンの軍人・クラウゼヴィッツは「理論上の戦争」と「現実の戦争」が存在することをつきとめ、それらを分析することで「戦争の本質」を追求しはじめる。軍事学にとどまらず、政治学にまで影響を与え、現代に読み継がれる世界的名著を漫画化。

わが闘争

わが闘争

ヒトラー

立ち読み
YONDEMILL

民族主義と反ユダヤ主義を掲げ、ナチス・ドイツの独裁者として第二次世界大戦を引き起こした政治家、アドルフ・ヒトラー。
画家を目指していた彼がなぜ独裁者への道を歩むことになったのか。なぜ国民はヒトラーに運命を託し、その存在を許したのか…。ヒトラーが自らの半生と世界観を語り、その後の政策方針を示した問題作を漫画化。

君主論

君主論

マキアヴェッリ

立ち読み
YONDEMILL

16世紀のヨーロッパは混乱の真っ直中にあった……。
マキアヴェッリはイタリアのフィレンツェ政庁の官僚として、がむしゃらに働き、各国の君主たちと出会い、宗教、道徳から切り離された現実主義的な政治理論を創始していく……。リーダーが歩むべき道を示す権謀術数書『君主論』をマキアヴェッリの人生とあわせて漫画化。

職業としての学問・政治

職業としての学問・政治

マックス・ウェーバー

立ち読み
YONDEMILL

20世紀の大戦を終え、若者たちは「現実」よりも「世界観」を、「認識」よりも「体験」を、「教師」のかわりに「指導者」を求めるようになっていた。ウェーバーはこれらの風潮を「弱さ」だと叱咤し、「日々の仕事に戻れ」と言う。社会に希望を見出せず、現実と向き合えない若者に向けて、学問と政治のあるべき姿を説く、ウェーバーの名講義2作を漫画化。

資本論

資本論

マルクス

立ち読み
YONDEMILL

19世紀前後に起こった産業革命以後、工業化により商品の大量供給が可能になったが、貧富の差はますます広がり、人々の生活は豊かになるどころか苦しくなるばかり。
労働者を酷使する生産過程の中で新たな価値を生み出す「搾取」のシステムが明らかになる…。資本主義社会に生涯をかけて立ち向かった革命家・マルクスの代表作を漫画化。『資本論』第1部をベースにした本編の続編として第2部・第3部を漫画化した『まんがで読破 続・資本論』も併せてお読みください。

共産党宣言

共産党宣言

マルクス/エンゲルス

立ち読み
YONDEMILL

古代、中世、近代と、繰り返される階級闘争の歴史。支配する者と支配される者はどういう経緯で生まれたのか、そして現代の資本主義社会に蔓延する問題とその解決策とは……?
歴史の流れを科学的に検証する「唯物史観」の視点から、人類がたどるべき道を解明したマルクスとエンゲルスの革命宣言の書を漫画化。
資本論』『続・資本論』と併せてお読みください。

続・資本論

続・資本論

マルクス/エンゲルス

立ち読み
YONDEMILL

産業革命以降、さまざまな商品で溢れかえる現代社会。経済バランスが崩れることが予想されるとしても、なお利益を追求する資本主義社会が抱える矛盾とは?なぜ不況が起こるのか?なぜ失業者が増え、貧富の差が広がるのか…?『資本論』第1部をベースにした『まんがで読破 資本論』の続編として第2部・第3部を漫画化。本書と併せてお読みください。

自由論

自由論

ミル

立ち読み
YONDEMILL

19世紀ヨーロッパ。
市民革命により、近代民主主義社会が確立され、人々は自由を手にしたかのように見えた。
しかし、その民主制の社会にも、不当な抑圧によって個人の自由がおびやかされる危険が潜んでいた…。

抑圧された社会から、どのようにして個人の自由を守るべきなのか?
「真の自由とはなにか」という問題に迫る、ミルの政治哲学書を漫画化。

社会契約論

社会契約論

ルソー

立ち読み
YONDEMILL

身分階級、富者と貧者、主人と奴隷。当たり前のように不平等が存在した、近代ヨーロッパ。現代にも通じるこれらの問題はいつ、どのようにして起こり、正当化されていったのか…?専制政治の矛盾を考察し、本来の自由な存在としての、人間の不平等を解決するための社会の在り方を提唱した、政治哲学書を漫画化。

脱亜論

脱亜論

福沢諭吉

立ち読み
YONDEMILL

黒船到来から鎖国体制の崩壊、そして明治維新。激動の時代、日本は儒教的な伝統を維持するのか、近代文明を受容し邁進するのかを迫られた。西欧列強にいいように操られず、独立国として矜持を保つためには、どうすればいいのか。未成熟だった明治期の日本を啓蒙し、近代化の必要性を説いた碩学・福沢諭吉の檄文をマンガ化。

まんがで読破 twitter

twitter まんがで読破

PAGE
TOP