名作文学を徹底漫画化 まんがで読破 イースト・プレス

まんがで読破

海外文学/フランス文学での検索結果

1-9/9件

夜間飛行

夜間飛行

サン=テグジュペリ

立ち読み
YONDEMILL

航空郵便の黎明期、南米路線を運営するリヴィエールの指揮の下、飛行士たちは己の命を懸け、前人未到の危険な夜間飛行に挑んでいた。
事業の確立のため、あえて冷徹に部下と接するリヴィエールだが、ある夜、勇敢な飛行士・ファビアンの機体が遭難してしまう……。自らも飛行士としての経歴を持つ作家・サン=テグジュペリのベストセラーを漫画化。

赤と黒

赤と黒

スタンダール

立ち読み
YONDEMILL

貴族階級が支配する19世紀フランス。
愛を知らずに成長した、材木屋の息子ジュリアン・ソレル。
かつての皇帝ナポレオンの立身出世に憧れる彼は、持ち前の頭脳と美貌で貴婦人を誘惑し、成功への切符を手に入れるが……実在の殺人未遂事件を素材に、恋愛心理の分析と政治思想を盛りこんだ、フランス文学の代表作を漫画化。

モンテ・クリスト伯

モンテ・クリスト伯

デュマ・ぺール

立ち読み
YONDEMILL

卑劣な罠に落ち、家族も財産も愛する女性も奪われ、孤島の監獄にとじこめられた男。

だが彼は帰ってきた、莫大な財産を持つ謎の紳士、モンテ・クリスト伯爵として。

しかし14年の間に研ぎ澄まされた復讐の刃は、意外な人たちをも地獄の淵へ追いやってしまう……。

人はどこまで冷酷になれるのか?
 復讐の果てに、幸福を得ることはできるのか?

 フランスの文豪デュマ・ペールが残した、人間の本質を問う名作を完全マンガ化。

椿姫

椿姫

デュマ・フィス

立ち読み
YONDEMILL


19世紀フランス。
高級娼婦マルグリット・ゴーティエの遺品の競売で
本を落札した「私」のもとに、アルマンと名乗る男が訪ねてくる。
アルマンは、生前のマルグリットと「ただならぬ関係」にあったらしく、
「私」に彼女との間で起こった出来事を語りはじめた…。

戯曲としても、これまで多くの人々に愛され続けた、悲劇の愛の物語を漫画化。

失われた時を求めて

失われた時を求めて

プルースト

立ち読み
YONDEMILL

マドレーヌを口した瞬間、少年時代の記憶が甦る奇妙な感覚。「私」の成長とともに描き出される、第一次世界大戦前後のフランス社交界の人間模様。それは「私」の失われた時を探し求める長い旅の始まりだった……。
独自の時間解釈と記憶に対する見解を提示し、20世紀の文学・哲学概念を変革させた傑作大長編小説を漫画化。

女の一生

女の一生

モーパッサン

立ち読み
YONDEMILL

19世紀フランス。男爵家のひとり娘のジャンヌは、20歳を機に修道院を出て両親とともにレ・プープル屋敷に住みはじめる。そこで紹介された子爵の青年と結婚し、順風な暮らしが続くかに見えたが、厳しい現実が次々と彼女につきつけられていく…。現実を美化せずにありのままの状態を描きだす、自然主義文学の代表作を漫画化。

レ・ミゼラブル

レ・ミゼラブル

ユゴー

立ち読み
YONDEMILL

19年間の投獄生活を経て出獄したジャン・バルジャンは、ミリエル司教の導きにおり新しい人生を歩むことを決心する。だが数年後、名前を変え市長となったバルジャンの元にかつて牢獄で看守をしていたジャベールが警察署長として赴任してくる…。フランス最大の詩人にしてロマン派を代表する作家・ユゴーのベストセラーを漫画化。

地獄の季節

地獄の季節

ランボー

立ち読み
YONDEMILL

19世紀半ば、普仏戦争直後のパリ。詩人を目指してやってきたランボーは、弟子入りしたヴェルレーヌとの禁断の恋に、いつしか身を焦がしていく。しかし家庭を捨てきれないヴェルレーヌとのすれ違いは次第に埋めがたいものとなり、ランボーはついにヴェルレーヌとの、そして詩との別れに直面する……。彗星のごとく駆け抜けた若き天才の非凡な自伝にして、文学史上に燦然と輝く傑作詩集。

十五少年漂流記

十五少年漂流記

ヴェルヌ

立ち読み
YONDEMILL

1860年。ニュージーランドから15人の少年を乗せた船スルギ号が、事故によって漂流、さらに2週間に及ぶ嵐にみまわれ、見知らぬ陸地へ漂着する。探索の結果そこが無人島だと知った少年たちは、救助が来るまで生きのびようと知恵を出しあい生活しはじめたが…。
H.G.ウェルズと並ぶSFの巨匠ヴェルヌによる、冒険小説の傑作を漫画化。

まんがで読破 twitter

twitter まんがで読破

PAGE
TOP