名作文学を徹底漫画化 まんがで読破 イースト・プレス

まんがで読破

海外文学/ロシア文学での検索結果

1-8/8件

父と子

父と子

ツルゲーネフ

立ち読み
YONDEMILL

19世紀ロシア。農奴解放令にともない、古い貴族文化は、新しい民主的文化に取って代わろうとしていた。その転期に、「ニヒリスト」なる者たちが台頭しはじめる。

アンナ・カレーニナ

アンナ・カレーニナ

トルストイ

立ち読み
YONDEMILL

政治家カレーニンの妻アンナは、その美貌と振る舞いから社交界の賞賛を集める貴婦人であった。ある日、兄の離婚騒動を解決すべくモスクワへ向かったアンナは、青年将校ヴロンスキーと出会う。彼の激しい求愛に次第にアンナも惹かれていくが…。貴族社会の光と影を描いた、リアリズムの巨匠トルストイの長編小説を漫画化。

復活

復活

トルストイ

立ち読み
YONDEMILL

ある殺人事件の陪審員を務めるネフリュードフ公爵は、被告の女囚人を見て愕然とする。かつて自分が弄んで捨てた、下女のカチューシャだったのである。手違いでシベリア徒刑の宣告をされる彼女に罪の意識が芽生えたネフュードフは、彼女を救うべく奔走しはじめる。

戦争と平和

戦争と平和

トルストイ

立ち読み
YONDEMILL

19世紀初頭、ナポレオン戦争の渦中にあるモスクワを舞台に描かれる一大叙事詩。
戦う意味を見失う青年士官アンドレイ、莫大な富を持ちながら真の幸福を思い悩むピエール、天真爛漫な少女から魅力的な女性へと成長していくナターシャ。
戦渦はモスクワをも包み込み、様々な運命が交錯する。近代文学史に輝く超大作を漫画化。

地下室の手記

地下室の手記

ドストエフスキー

立ち読み
YONDEMILL

19世紀ロシア・ペテルブルクに、ある男が住んでいた。男は過剰ともいえる自意識から「心の地下室」へ閉じこもり、社会と断絶した生活を送っていた。あるとき男は、自身の過去の回想を記すことで、「人間の本質の非合理性」を明かしていくことを試みる。

悪霊

悪霊

ドストエフスキー

立ち読み
YONDEMILL

帝政末期、すべての価値が崩壊し様々な思想が氾濫するロシア。虚無と背徳の中を行き、強烈なカリスマ性を放つニコライを崇拝するピョートルは、反政府組織を作り社会に混乱を招こうと企てるが、組織の印刷技師シャートフの離反をきっかけにおぞましい事件の幕が上がる―。現代の予言者ドストエフスキーが描いた黙示録を漫画化。

カラマーゾフの兄弟

カラマーゾフの兄弟

ドストエフスキー

立ち読み
YONDEMILL

妖艶な美女を奪い合い、長男ドミトリーと淫蕩な父親フョードルが激しくいがみ合う。
家族のことに無関心な次男のイワンと心を痛める三男アレクセイ。
親子の確執は激しさを増し、悲劇は起こる。
信仰や死、国家と教会、貧困、父子・兄弟関係など深遠なテーマを含む人間ドラマ。現代の預言者ドストエフスキー生涯最後の作品を漫画化。

罪と罰

罪と罰

ドストエフスキー

立ち読み
YONDEMILL

頭脳明晰な青年ラスコリニコフは独自の倫理観に基づき、強欲な金貸しの老婆を殺害し、目撃者のその妹まで殺してしまう。想定外の事故、良心の呵責、警察の捜査の影に怯え始めるラスコリニコフ。自首か、逃亡か。娼婦ソーニャの生き方に心を打たれた彼の選んだ結末は……?「現代の預言書」とも呼ばれるロシア文学の最高峰を漫画化!

まんがで読破 twitter

twitter まんがで読破

PAGE
TOP