名作文学を徹底漫画化 まんがで読破 イースト・プレス

まんがで読破

雇用・利子および貨幣の一般理論

ケインズ

定価:
本体900円+税
まんが:
Team バンミカス
ISBN:
9784781613383
発売日:
2015/06/15

内容紹介

ピケティが到達した場所。
そこはケインズが80年前に通過した場所である。

1930年代、世界恐慌の発生でイギリスでは失業率が25%に達していた。しかしこの苦境に、古典派と呼ばれる伝統的な経済学に拠って立つ者たちは、「いずれ時が解決する」といった古い考えから離れようとしない。「進歩した現代社会の問題は、古い経済学では解決できない」と考えた気鋭の経済学者ケインズは、まったく新しい経済理論を生み出す難事業に、たった一人で挑む! 経済学の常識を覆し、世界経済のかたちを一気に変えた名作をマンガ化。

著者紹介

ジョン・メイナード・ケインズ(1883-1946)
イギリスの経済学者・官僚。幼いころから才を見せ、イートン・カレッジからケンブリッジ大学というエリートコースを進む。
大学では数学を専攻したが、哲学教授G・E・ムーアの思想や反骨的知的集団ザ・ソサイエティと出会い、社会通念にとらわれない合理的思想が養われたことは、のちに画期的な経済理論を生み出す基盤となった。
官僚として第一次世界大戦の戦後処理に当たった経験やケンブリッジ大学での経済学研究をへて、1930年代の世界的大不況に対処するための数々の経済理論を発表。その決定版が、1936年に発表された『雇用・利子および貨幣の一般理論』である。
お堅いイメージとは裏腹に、青春時代には文化人グループのブルームズベリ・グループとも交流するなど文化面にも感度は高く、晩年は音楽・美術奨励会議議長や、国立美術館管理委員会委員も務めた。

オンラインショップで購入

電子書籍で購入

こちらからもご購入いただけます

まんがで読破 twitter

twitter まんがで読破

PAGE
TOP