名作文学を徹底漫画化 まんがで読破 イースト・プレス

まんがで読破

立正安国論

日蓮

定価:
本体552円+税
まんが:
Team バンミカス
ISBN:
9784781610719
発売日:
2013/09/27

内容紹介

日本の復興に命をかけた日蓮の思想と生涯が、わかりやすく読める!

災害や戦乱が相次ぎ、民衆が不幸な生を強いられるのはなぜか。
その答えを仏の教えの真髄に求めた時、念仏信仰に支配された社会体制にいどむ日蓮の、たったひとりの戦いが始まった。

自分の信じる正道──法華経至上主義にもとづく宗教・社会改革の提言、『立正安国論』とともに。

異端者として弾圧されながらも命がけで民衆の幸福を願った、誰より強くやさしい男・日蓮。
その生涯と思想を、どんな本より読みやすく。

著者紹介

日蓮
貞応元年(1222年)安房国小湊(現在の千葉県鴨川市)生まれ。早くから才気を示し、15歳で学僧として出家。比叡山をはじめ各宗派の本山や名刹に遊学するが、堕落した仏教界に失望し、独自の宗派を立宗する。天災や戦乱による社会の動揺に対し、自身の宗教的見解にもとづく提言書『立正安国論』を鎌倉幕府最高実力者の北条時頼に送るが、世論からは危険思想とみなされ、襲撃や逮捕、島流しといった法難に遭う。しかし弘安5年(1282年)に没するまで、その思想を曲げることはなかった。

オンラインショップで購入

電子書籍で購入

こちらからもご購入いただけます

関連書籍

まんがで読破 twitter

twitter まんがで読破

PAGE
TOP