レガロ East Press East Press East Press
やおろず
レガロシリーズ絶賛発売中 やおろずシリーズインフォ やおろずシリーズ
「やおろず弐
  でこぼこな
   恋、始めました。」 3月23日発売!
ネット小説シリーズ(仮)ブログで情報を公開中!

『やおろず弐 でこぼこな恋、始めました』

著  者:古戸マチコ
イラスト:裕龍ながれ









電子版はこちらから

やおろず

祖母の死をきっかけに、八百万の神様たちが見えるようになってしまったごく普通の女の子、澄香。
以来、ワンルームでの気ままな一人暮らしは一変。料理を作れば偏屈なかまどの神になじられて、トイレに行くと甘えん坊な便所の神に引き止められる。おまけに道祖神やら、サラリーマン風の鬼やらひな人形の神やら、呼んでもないのに次から次へと珍客が現れて、バイト先ではちょっとおかしなオカルト青年とひと悶着……。澄香の家を護ってくれるはずの家神は、なんだかいつもヤル気なしで、結局澄香が奔走する羽目に。なんとかして神様たちを追い出し、静かで平穏な日常を取り戻したいと思う澄香だが、ひょんなことから、家神のある秘密を知ってしまい……!?
やおろずストーリー
祖母の死をきっかけに、八百万の神様たちが見えるようになってしまったごく普通の女の子、澄香。それ以来、ワンルームでの気ままな一人暮らしは一変。呼んでもないのに次から次へとおかしな神様たちが現れては問題を起こし、バイト先ではオカルト青年とひと悶着……。澄香の家を護ってくれるはずの家神はいつもなんだかヤル気なしで、結局澄香が奔走する羽目に。なんとかして神様たちを追い出し、静かで平穏な日常を取り戻したいと思う澄香だが、ひょんなことから、家神が自分の曽祖父であることを知り……。

そんなこんなで色々ありはしたものの、澄香と“やおろず”の神様との日常はあいかわらず続いていくのであった。

やおろずキャラクター

やおろず登場キャラ
祖母の死をきっかけに八百万の神様たちが見えるようになった。

おかしな神様たちにも少しは慣れてきたようだが……。



元々は澄香の祖母の家に祀られていた。澄香を護る役目を担っているはずだが、目立った働きをしたことはない。実は、澄香の曽祖父、高原直道や祖霊が集まって神になった存在。
やおろず登場キャラ3

澄香のアルバイト先のオカルトマニアな後輩。澄香とは同い年。前回の出来事で色々とふっきれたようだが……。



澄香の家の便所に宿るかわいらしい神。みっちゃんとアイドルの座を競う!?


澄香の祖母の家に祀られていたが、今は澄香の部屋に宿る。気難しくて、細かいことにうるさい神のはずなのだが……。


澄香の暮らす地域を護る道祖神。目に眩しい黄色のパーカーがトレードマークの男(通称ミチカタ)と、澄香によって生まれたミチカタの新しい妻(通称みっちゃん)。いつもラブラブである。