• 新刊情報
  • 2018.01.14

『自律神経を整える「1日30秒」トレーニング 人生が楽になるセル・エクササイズ』(著:小林弘幸/監修:末武信宏)

  •  編集部

たった「これ」だけで
「心と体」のお悩みを解消。
誰でも簡単に自律神経をコントロールする方法。 


【2018年1月15日発売】
目覚めが悪い、疲れがとれない、集中できない、緊張しやすい、足がむくみやすい、イライラしやすい、痩せにくい……。長年悩んできたこんな症状、たった「1日30秒」の「セル・エクササイズ」で改善できます。「セル・エクササイズ」に特別な道具や高度な技術は一切いりません。 子どもからお年寄りまで、「誰でも」「簡単に」「いますぐ」実践できます。「セル・エクササイズ」とは、「細胞(セル)」を元気にし、「自律神経を整え、体幹を鍛え、軸をつくりだす」ために、医学的な根拠を元に開発され、臨床実験を積みねてできたエクササイズ。トップアスリートからも熱い支持を受けています。「セル・エクササイズ」で自律神経を整えて、心身の不調を改善させ、人生をもっと楽なものにしましょう。

【目次】
はじめに この一冊で、あなたの人生はとっても楽になります

第一章 体の「軸」を整えて、「心と体のお悩み」を解消!
「軸」が「心と体」に大切な本当の理由/自律神経は、体を陰でコントロールする「もうひとつの脳」/交感神経と副交感神経の「4つのタイプ」/自律神経を整えれば「老化」も防げる!/「笑顔」が自律神経をパワーアップさせる理由/体の「軸」は、いい町内環境から生まれる/「体幹を鍛える」のがいいって本当?/なぜ「ちょっとしたこと」で、自律神経が乱れるの?/「不安」が消えれば、いい「軸」ができる/不安は「ゆっくり深呼吸」で解消/「ゆっくりした動き」で、負のスパイラルから脱出!/お医者さんが発見したストレスを感じる「5つの原因」/アスリートも実践している「セル・エクササイズ」/セル・エクササイズで改善できる「7つのお悩み」

第二章 「スッキリ快適な一日」を過ごすためのセル・エクササイズ
セル・エクササイズ1 スッキリ目覚める/2 通勤中に「仕事モード」をつくる/3 疲れた脳をリフレッシュさせる/4 仕事中の足のむくみをとる/5 おでかけ前に筋肉をほぐす/6 「大切な場面」でテンションを上げる/7 午後の眠気をとる/8 休憩がとれないときにリフレッシュする/9 一日のたまった疲れをとる/10 寝る前に体をリラックスさせる/11 ぐっすり眠る

第三章 「体のお悩み」を解消するセル・エクササイズ
セル・エクササイズ12 頭痛を改善する/13 肩こりを改善する/14 腰痛を改善する/15 朝の足のむくみをとる/16 骨盤の歪みを改善する/17 便秘を改善する/18 美しくやせる/19 冷え性に効く/20 二日酔いに効く/21 免疫力を高める/22 緊張をほぐす/23 やる気を出す/24 時差ボケに効く

第四章 人生がいまよりもっと楽になるセル・エクササイズ
トップアスリートが実践するパフォーマンスアップの方法
コンディショニング編1 全身の回旋/2 ボクシングパンチ/3 プッシュキック/4 屈伸&両腕の投げ上げ/5 屈伸&両腕の回旋/6 屈伸&体幹の回転/7 肩甲骨アップ&ダウン/8 片足立ち足揺らし/9 肩関節&背中ほぐし/10 上体ひねりスクワット
ケア編1 手首揺らし/2 足首回し/3 腕伸ばし/4 両ひざ倒し/5 骨盤揺らし/6 背骨&肩甲骨ほぐし/7 全身ストレッチ&脱力

第五章 セル・エクササイズの効果がもっとアップする「小さな習慣」
「朝のだるさ」は太陽の光と朝食でリセット/「1〜1.5リットルの水」を「こまめに」「ゆっくり」飲む/食事は「よく噛んで」、「ゆっくり」と/一日のリズムは「ゆっくり歯磨き」で整えよう/「紙の手帳」で「心の余裕」をつくろう/仕事中に眠くならない食事法/コーヒーを「上手に」飲んで、効率アップ/うまくいく秘訣は、「適度な緊張感」/「30分の片づけ」が自律神経も整える/美しく歩こう/「ジョギングは体に悪い」?/体に良い夕食、悪い夕食/「正しい入浴」で、ぐっすり眠ろう/ストレスは「書いて」発散/「睡眠のお悩み」を解消する3つの方法

☆こちらもご一緒にどうぞ☆

『まんがでわかる自律神経の整え方』(著:小林弘幸/一色美穂) 2017年6月発売 
努力はいりません。自律神経を整えると、人生が変わります。 

だるい・ストレス・不眠・不安・肌荒れ・便秘・免疫力低下…男女問わず様々な心身の不調は、自律神経を整えると改善します。決して難しくありません。日々のちょっとしたことを意識するだけで、あなたの人生は劇的に変わります。この分野の第一人者・小林弘幸先生が、どの本よりもやさしく改善法をお教えします。

小林弘幸(こばやし・ひろゆき)
1960年、埼玉県生まれ。順天堂大学医学部教授・日本体育協会公認スポーツドクター。各種研究の中で自律神経系バランスの重要性を痛感し、数多くのトップアスリートや文化人のコンディショニング、パフォーマンス向上指導に関わる。『たけしの健康エンターテインメント! みんなの家庭の医学』『世界一受けたい授業』他テレビ番組出演、著書に『なぜ、「これ」は健康にいいのか?』(サンマーク出版)『聞くだけで自律神経が整うCDブック』(アスコム)『自律神経を整える 「あきらめる」健康法 』(角川oneテーマ21)『「これ」だけ意識すればきれいになる。 自律神経美人をつくる126の習慣 』(幻冬舎)、『まんがでわかる自律神経の整え方 「ゆっくり・にっこり・楽に」生きる方法』(イースト・プレス)他多数。

この書籍を購入する

この書籍の電子版を購入する

一覧に戻る