イースト・プレス| 格闘技専門誌の老舗『ゴング格闘技』
  ゴング格闘技
ゴング格闘技表示 ゴング格闘技タイトル
 


[ゴング格闘技]CONTENTS

 


ゴング格闘技見出し

ゴング格闘技見出し
「ここ数年、日本でMMAの人気が落ちているが、それもこれから変わる。UFCの世界進出上、日本は重要な位置を占めている」

ゴング格闘技見出し
「魂のルーツである日本で試合をすることは、僕の夢のひとつだ」

ゴング格闘技見出し
「相手を軽く見ることはない。全ての技が、正しく使われれば、僕はいつだって倒されてしまうのだから」

ゴング格闘技見出し
勝敗を握るカギはやはり“ヒジ”。
五味も対策を開始している──

ゴング格闘技見出し

ゴング格闘技見出し
現実から目を逸らさない──それが戦うということ。

ゴング格闘技見出し
二人の絆、二人の闘い

ゴング格闘技見出し

ゴング格闘技見出し
「これはDREAMウェルター級のベルトだ!」

ゴング格闘技見出し

ゴング格闘技見出し
決戦はハワイで???

ゴング格闘技見出し
格闘家ならリアルチャンピオンを目指そうよ!

ゴング格闘技見出し
勝敗を分けたのは打撃を受けてダウンした後の対処

ゴング格闘技見出し
高橋“bancho”良明/平山敬悟/徳留一樹

ゴング格闘技見出し

ゴング格闘技見出し
「バンクーバー五輪? 僕の五輪はリオデジャネイロさ」
ゴング格闘技見出し
「2週間前からは炭水化物 最後の水抜きまでに66sに」

ゴング格闘技見出し
“悪夢”のベンケイ流MMAフィジカルトレーニングを大公開

ゴング格闘技見出し
日本人最強を決めるなかで、世界のトップのお披露目をしてみませんか?

ゴング格闘技見出し

ゴング格闘技見出し

ゴング格闘技見出し
「戦うことを好きでいろ。好きでいればどんなことがあっても戻ってこられる」

ゴング格闘技見出し

ゴング格闘技見出し
2010年のK-1日程発表が遅れたのは映像革命の準備をしていたからだ!!

激変するメディア、朝青龍、UFC日本上陸、そしてK-1ライト級まで 今月も気になる話題をつぶやきではなく大いに語り尽くす!

ゴング格闘技見出し
「総合格闘技を舐められたくない。朝青龍が金目当てで来るなら、厳しさを教える」

ゴング格闘技見出し
元「K-1中継」「SRS」ディレクター 現「とんねるずのみなさんのおかげでした」ディレクター、FEGオフィシャル映像制作担当

ゴング格闘技見出し
“魔裟斗を育てた影のプロデューサー”
映像制作会社ブロンコス代表

ゴング格闘技見出し
テレビ朝日スポーツ局
絹山知康・古賀佐久子

ゴング格闘技見出し
「装飾品がついた僕の試合を、若い修斗の子に見てもらうのも、意味があるんじゃないですか」

ゴング格闘技見出し
正しいフォームで行なうと結構キツい!
下半身強化のための筋力トレーニング

ゴング格闘技見出し

ゴング格闘技見出し
武術が“戦い”を変える

ゴング格闘技見出し

ゴング格闘技見出し
「型だけでは空手にならない  立ち合いをして初めて空手になる」

Gonkaku KARATE Technique
黎明期の極真全日本選手権で猛威を振るった横蹴り 決め・カウンター・内股、カカトで蹴る秘技を公開!

ゴング格闘技見出し

ゴング格闘技見出し
「MMAムエタイ? いや“アフロ流”で行く!」

ゴング格闘技見出し
「“絶対王者”って何なのか。どんなに強い相手でも、戦って勝てば、自分が生きてきた意味があることを知った」

ゴング格闘技見出し
「ルミナ2世と言われることは嬉しい。でも土屋大喜として認めてもらえるようになりたい」

ゴング格闘技見出し
「怪我、敗戦、不運──そういうのがあったから成長できた」

ゴング格闘技見出し
「今までのクソみたいな人生を、勝ってチャラにしたかった」

ゴング格闘技見出し
“近藤有”も普通の人間だったし、普通の人間でいることをもう受け入れてもいいかなって。

ゴング格闘技見出し

ゴング格闘技見出し
「こんなチャンスは何度もあるわけじゃない。仕事も辞めて格闘技のことだけを考えてます」

ゴング格闘技見出し
「筋トレ、あまりしないんですよ」

ゴング格闘技見出し
“いい死に方”をして、次の魂の人生へ──



THE MOMENT

朝青龍
なぜ朝青龍は引退したのか?
総合格闘技転向の可能性は?

BOUT

1.17 MUAY2010/1.17 新日本キック/1.17 SWAT!/1.23 修斗/1.23 REBELS/1.24 NJKF/1.24 RISE/1.31 J-GIRLS/1.31 MAキック/2.6 DEEP X/2.7 SWAT!/2.7 パンクラス/2.11 CAGE FORCE/2.11 VALKYRIE/2.13 シュートボクシング/2.14 THE OUTSIDER

BEACON SIGN

2.13 It's Showtime
バダ・ハリ、ボウジディを圧倒
イッツショータイム世界ヘビー級王者に

2.6 UFC109 Relentless
25勝10敗、チェール・ソネン大化け
メインは46歳クートゥアーが勝利

1.30 Strikeforce
ウォーカーとラシュリー出場大会で
男を上げた、ロビー・ローラー

1.30 Beast of the East
この面子で、チケットの売り上げが今イチ?
BOTEに見るオランダ格闘技界の行方
2.4 Tachi Palace Fights
WECだろうが、PFCだろうがタチパレスには次々と人材が集まる
マイケル・マクドナルド、アイザック・デジーザスのアップセット

1.23 Cho bit inside reports : Shooto Holland
海外といっても、選手育成は千差万別。
オランダ修斗流は、小さなアマ大会から

THE MOMENT with Beacon Sign

切なくなることもできないホーレス・グレイシーの大敗

「木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか」
第二十六回

エリオ・グレイシー、現る

松原隆一郎が格闘技界の問題を斬る  教えて、教授!

第35回 朝青龍は日本文化を学び“すぎ” 伝統をリスペクトし“すぎ”たから引退に追いこまれた

─二億五千万の拳─ニッポンの格闘技

#01 沖縄県宜野湾市/キングオブザケイジin沖縄 登竜門 1月30日@沖縄コンベンションセンター
「“not only 金網 but also アメリカ” 米・古株MMA日本初進出は沖縄で開催」

#02 大阪府大阪市/SHOOT BOXING OSAKA2010 ALPINISME -Young Ceasar Cup- 1月17日@松下IMPホール
「ムエタイvs.大阪、1勝1敗 藤本が魅せた投→投→打」

#03 愛知県名古屋市/KICK Hopping! 1月31日@アスナルホール
「ナゴヤキック、2010年第一弾で安田慶二郎が、リングに別れ」

#04 北海道札幌市/SHOOTO GIG NORTH Vol.5 2月14日@ZEPP SAPPORO
「聖バレンタインの夜に、北の大地から世界王者へ、初めの一歩」

#05 沖縄県那覇市/琉球かきだみし・原点回帰 2月14日@テンブスホール
「“琉球ムエタイ王国”確立へ向け『琉球かきだみし』新章スタート」

#06 大阪府大阪市/DEEP 45 IMPACT 1月9日@ZEPP OSAKA
「浪速の興行合戦、DEEPは高みの見物?」

#07 北海道函館市/WILD KICK BOXING〜縁〜 1月31日@函館市民体育館
「北の大地に根付け、新田明臣プロデュースWILD KICK BOXING発進」

吉田文豪[人生劇場]

「新★書評の星座56」 『Let's 猫』 「また前田日明に『トリッキーすぎる』と批判されかねない須藤のナンパ事情がたっぷり!」

Fight Square

ボクシング「勇退・原田政彦協会長を継ぐ『大橋丸』の舵取りに期待!」 レスリング「霞ヶ浦高、拓大に見るシーズンオフの“遠征”その狙いとやり方は?」 柔道「競技費配分『特A』評価は女子の活躍によるもの 男女別の使用内訳を公表せよ」 サンボ「学生選手権&団体選手権 制度が上がるレフェリングのただ一つの問題点」

『ゴング格闘技』 Back Number
2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年
12月号 12月号 12月号 12月号 12月号 12月号 12月号 12月号 12月号 12月号
11月号 11月号 11月号 11月号 11月号 11月号 11月号 11月号 11月号 11月号
10月号 10月号 10月号 10月号 10月号 10月号 10月号 10月号 10月号 10月号
9月号 9月号 9月号 9月号 9月号 9月号 9月号 9月号 9月号 9月号
8月号 8月号 8月号 8月号 8月号 8月号 8月号 8月号 8月号 8月号
7月号 7月号 7月号 7月号 7月号 7月号 7月号 7月号 7月号 7月号
6月号 6月号 6月号 6月号 6月号 6月号 6月号 6月号 6月号 6月号
5月号 5月号 5月号 5月号 5月号 5月号 5月号 5月号 5月号 5月号
4月号 4月号 4月号 4月号 4月号 4月号 4月号 4月号 4月号 4月号
3月号 3月号 3月号 3月号 3月号 3月号 3月号 3月号 3月号 3月号
2月号 2月号 2月号 2月号 2月号 2月号 2月号 2月号 2月号 2月号
1月号 1月号 1月号 1月号 1月号 1月号 1月号 1月号 1月号 1月号

 
増刊号