一億総他責社会
一億総他責社会
片田珠美

ISBN:9784781651125
定価:930円(本体861円+税8%)
なぜ他人の行為、言動が我慢できず、
「自分だけがつらい」と訴えるのか。

管理職と若手、正社員と非正規。家庭持ちと独身。男と女、夫と妻……。立場の異なるもの同士が「自分だけが損している」と訴え、相手の悪口を言い、ときに「《加害者》である相手に鉄槌を下す権利が自分にはある」と信じて攻撃する。他人の行為、言動が我慢できず、「自分だけがつらい」と訴えるのはなぜか。誰もが被害者意識を抱いていて、余裕がなくなった現代社会の心理を、人気精神科医が診察室から見た風景や時事問題などの具体的な事例を挙げながら分析する。
片田珠美(かただ・たまみ)
広島県生まれ。精神科医。大阪大学医学部卒業。京都大学大学院人間・環境学研究科博士課程修了。人間・環境学博士(京都大学)。フランス政府給費留学生としてパリ第8大学精神分析学部でラカン派の精神分析を学ぶ。
DEA(専門研究課程修了証書)取得。精神科医として臨床に携わり、臨床経験にもとづいて、犯罪心理や心の病の構造を分析。社会問題にも目を向け、社会の根底に潜む構造的な問題を精神分析的視点から研究。著書に『高学歴モンスター』(小学館新書)、『「正義」がゆがめられる時代』(NHK出版新書)、『忖度社会ニッポン』(角川新書)など多数。

購入

             

こちらからも購入いただけます
Honya Club.com

電子書籍はこちらから!