中年男ルネッサンス
中年男ルネッサンス
田中俊之/山田ルイ53世

ISBN:9784781651118
定価:930円(本体861円+税8%)
とりあえず、生きよう。


「神童」「引きこもり」「一発屋」「一児のパパ」という起伏が激しい人生を歩んできた髭男爵・山田ルイ53世。最近は『一発屋芸人列伝』著者として「ベストセラー作家」の肩書まで加わり、芸能と文筆の二刀流で活躍中である。その山田氏のラジオ番組のヘビーリスナーであり、「男性学」の第一人者が田中俊之氏。ともに1975年生まれの〈中年男〉である。「一発屋」として中年男の生き方を模索する芸人と、社会学・男性学の視点が交差するなか、人間関係のコミュニケーション論、女性との付き合い方、仕事との向き合い方などを切り口に、中年男ルネッサンス(再生・復活)への道のりが見えてくる対談本。
田中俊之(たなか・としゆき)
1975年生まれ。博士(社会学)。武蔵大学人文学部社会学科卒業、同大学大学院博士課程単位取得退学。大正大学心理社会学部人間科学科准教授。社会学・男性学・キャリア教育論を主な研究分野とする。男性学の視点から男性の生き方の見直しをすすめる論客として、各メディアで活躍中。主な著書に『男がつらいよ』(KADOKAWA)、『〈40男〉はなぜ嫌われるか』(イースト・プレス)、『男が働かない、いいじゃないか!』(講談社+α新書)、共著に『不自由な男たち』(祥伝社新書)等がある。

山田ルイ53世
本名・山田順三。1975年生まれ。お笑いコンビ・髭男爵のツッコミ担当。地元名門中学に進学するも、引きこもりになる。大検合格を経て、愛媛大学入学も、その後中退し上京、芸人の道へ。現在はラジオのパーソナリティーのほか、幅広く活動中。著書『ヒキコモリ漂流記』(マガジンハウス)も版を重ねる。月刊誌に全10回連載の「一発屋芸人列伝」が第24回編集者が選ぶ雑誌ジャーナリズム賞「作品賞」受賞。同連載をまとめた単行本『一発屋芸人列伝』(新潮社)がベストセラーに。

購入

             

こちらからも購入いただけます
Honya Club.com

電子書籍はこちらから!