「忖度」の構造 空気を読みすぎる部下、責任を取らない上司
「忖度」の構造 空気を読みすぎる部下、責任を取らない上司
榎本博明

ISBN:9784781650944
定価:930円(本体861円+税8%)
あなたの心を支配する暗黙のルール……
「癒着」か、「思いやり」か。ベストセラー『「上から目線」の構造』著者が、「日本的」組織の功罪を徹底分析!

行政による許認可事業での総理大臣への「忖度」の有無が国会で議論されるなど、どこに原因があるのか究明の難しい社会問題が続発している。そこに共通するのは、「上」の人間の顔色をうかがう「下」の人間が、「上」の人間が指示していないことまで実行してしまうという構造的問題である。それを逆用する「上」の人間までいるからややこしい。ビジネスの世界でも、だれの指示なのかわからない仕事や、よかれと思ってしたことで責められる場面がよくあるのではないか。ベストセラーを輩出する社会心理学の第一人者が、「日本型社会」に蔓延する病理を分析する。
榎本博明(えのもと・ひろあき)
心理学博士。1955年東京生まれ。東京大学教育心理学科卒。東芝市場調査課勤務ののち、東京都立大学大学院心理学専攻博士課程中退。川村短期大学講師、カリフォルニア大学客員研究員、大阪大学大学院助教授等を経て、現在、MP人間科学研究所代表。主な著書に『「上から目線」の構造』『薄っぺらいのに自信満々な人』『「みっともない」と日本人』(日経プレミアシリーズ)、『傷つきやすくて困った人』(イースト新書)、『「やさしさ」過剰社会』(PHP新書)、『カイシャの3バカ』(朝日新書)、『正しさをゴリ押しする人』(角川新書)など多数。

購入

             

こちらからも購入いただけます
Honya Club.com

電子書籍はこちらから!