歌舞伎町はなぜ<ぼったくり>がなくならないのか
歌舞伎町はなぜ<ぼったくり>がなくならないのか
武岡暢

ISBN:9784781650708
定価:930円(本体861円+税8%)
はじめての「歌舞伎町学」入門

風俗店や飲食店が密集する日本一の歓楽街、新宿区歌舞伎町。時に社会問題としてクローズアップされる、この街のいかがわしさを象徴する存在が、客引き≒ぼったくりである。ぼったくり防止条例や風適法で規制されているにもかかわらず、なぜぼったくり行為はなくならないのか。法律や警察の取り締まりの効果が期待できない構造を解明すると、そこには店舗がいくら入れ替わっても歌舞伎町が歌舞伎町として再生産される構造が浮かび上がってくる。若き社会学者による、はじめての「歌舞伎町学」入門。
武岡暢(たけおか・とおる)
1984年東京都新宿区生まれ。東京大学文学部社会学専修課程卒業、東京大学大学院人文社会系研究科社会学専攻博士課程修了。博士(社会学)。歌舞伎町でのフィールドワークに基づいた歓楽街の都市社会学を研究。日本学術振興会特別研究員DC1、同PDを経て、現在、首都大学東京都市環境学部特任助教。本書が初めての単著となる。

購入

             

こちらからも購入いただけます
Honya Club.com

電子書籍はこちらから!