アベノミクスを阻む「7つの敵」 消費増税と「トンデモ経済学」を論破する
アベノミクスを阻む「7つの敵」 消費増税と「トンデモ経済学」を論破する
上念司

ISBN:9784781611464
定価:1028円(本体952円+税8%)
『TVタックル』(テレビ朝日)、『たかじんのそこまで言って委員会』(ytv)で注目の勝間和代の最強ブレーンが、「御用経済学」のデタラメを完全論破!

景気回復を掲げて「アベノミクス」を推進してきた安倍総理の、まさかの消費増税決断。じつは、安倍総理は国家中枢にはびこる「7つの経済理論」によってミスコントロールされていた。それら7つのトンデモ経済理論を、気鋭の経済評論家が一つひとつ完全論破。“彼ら”は敵か、味方か…経済ニュースの深層を見破れ!
上念司
1969年東京都生まれ。中央大学法学部法律学科卒業(在学中は日本最古の弁論部、辞達学会に所属)。日本長期信用銀行、臨海セミナーを経て独立。2007年より、経済評論家・勝間和代氏と株式会社「監査と分析」を設立。2010年、米国イェール大学経済学部の浜田宏一教授に師事し、薫陶を受ける。現在、勝間和代のブレーンの一人として、主に金融政策、財政政策、外交防衛政策等のリサーチを行っている。また、2013年12月より毎月、八重洲・イブニング・ラボの主任研究員として講演活動を行っている。

購入

             

こちらからも購入いただけます
Honya Club.com あなたにお届け 大切な一冊 ブックサービス

電子書籍はこちらから!